公正証書の作成をお考えになられている方へ専門行政書士による安心の有償サポートをご用意しています。

公正証書をはじめて作成する

離婚、内縁解消、婚姻費用、夫婦誓約、遺言書ほか

047-407-0991

受付

9:00~20:00(土日は17時まで)

各サポートに関するお問合せ

完成までにかかる日数

公正証書にしたい内容が固まると、公証役場へ公正証書作成を申し込みます。申し込みした当日中に公正証書が作成されることは現実は少なく、普通は公証役場での準備を経てから予約日時に本人が再び公証役場へ行って公正証書が完成します。公証役場の準備にかかる期間は二週間前後ですが、各公証役場の混雑状況等によっても異なります。

完成までにかかる日数

公正証書の完成するまでには、申し込みから二週間前後の日数がかかります。

申し込みから完成までに要する期間

公証役場へ公正証書の作成を申し込みしても、その当日のうちに公正証書が出来上がることは滅多にありません。

公証役場は、申し込みを受け付けてから公正証書の作成準備を開始しますが、ほかに依頼を受けた案件にも対応しているため、直ちに準備が行なわれる訳ではありません。

基本的には、申し込みの順番に作成準備をすすめるようです。

また、申し込みを受けた内容を整理して、それを有効な公正証書に作成するためには、申込者から提出された資料の確認、調査、作業に時間を要することになります。

したがって、公正証書契約の内容が複雑であったり、一般的な事例でないときには、作成の準備に長く期間がかかります。

また、申し込みの内容に法律上で無効となる記載が有ったり、内容に疑義があるときは申込者に照会がされることになり、その過程で期間が余計にかかることになります。

そうした過程を経て作成されるため、公正証書は安全であると言えることもあります。

こうしたことから、公証役場の窓口で公正証書作成の申し込みを受理されても、準備ができ上がるまでには大よそ二週間前後の期間がかかることになります。

なお、早いときには数日間で準備できることもあります。その一方で、三週以上も待たなければ準備のできないこともあります。

したがって、公正証書を作成する日程を考えるときは、少し期間的に余裕を見て対応することが安全です。

急ぎで作成したいときは?

公正証書の作成を急ぐ事情のあるときは、その事情を公証人に説明したうえで、対応を確認してみます。

急ぐことが止むを得ない事情であると公証人に認められると、公証人も急いで公正証書の作成を対応してくれる可能性もあります。

契約の公正証書と違って遺言公正証書の場合であると、遺言者が入院していて容体が悪いときには、先の日程に予定することが難しいこともあります。

そうしたときは、公正証書の作成できる機会を逸してしまうと、二度と作成することができなくなる恐れもありますので、公証人へ事情を説明することになります。

なお、居住地域によっては複数の公証役場を利用できる環境にあることもあります。

そうしたときは、複数の公証役場に作成日程を聞いてみて、早く対応できる公証役場へ作成を依頼することで対応する方法もあります。

公証役場を選ぶことによって、早く対応できる可能性があります。

準備を早くすることが安全です

公正証書の作成を急ぐ方には、突然に特別な事情が生じたと言うより、準備を開始する時期が遅れたことが原因となっていることが傾向として見られます。

準備を早目にしておくと、公証役場の準備期間が問題なることはありません。

公正証書を作成することを考えたときには早めに準備に着手し、すすめ方が分らないときには専門家の支援を受けて対応することも検討します。

公証役場へ提出する資料を準備するだけでも、何もしていないところから始めると、すべての資料をそろえるまでにかなりの日数がかかってしまうものです。

また、気持ちに余裕をもって対応することで失敗をすることもなくなり、安心して公正証書を作成することができます。

あとで変更の生じないように内容を固めておきます

急いで公正証書を作成する際にも、公正証書に記載する内容については、事前に十分な点検をしておくことが必要になります。

「とりあえず先に申し込みだけをしておく」という考え方で公証役場へ申し込みをしてはいけません。

申し込みをした後になってから公証役場へ申し出た契約内容を変更することは、急いで準備をすすめている公証役場とトラブルになります。

申し込みを受付けた公証役場は、変更のない前提で公正証書の準備をすめていきます。

申し込みをする前には、契約する当事者の間で、最終の確認を済ませておきます。

各サポートのお問合せはこちら

ご利用についてのお問合せは、「電話」又は「フォーム」で受付けています。

ご利用条件、方法についてのご不明点など、お気軽にご連絡ください。

なお、公正証書に記載する内容(契約条件、方法など)に関してのご相談は、各サポートにおいて対応をさせていただいております。

※公正証書の作成手順、準備する書類などについての説明を求めるお電話は、業務の都合から無料相談の対象としておりませんので、ご承知おきください。

船橋つかだ行政書士事務所

『家庭関係の契約書の作成を専門にしています。』
⇒事務所概要・経歴など

お電話でのお問合せはこちら

047-407-0991

受付時間:9時~20時(土日は17時まで)

祝日は原則として休業日となります。

こちらのサイトは「船橋つかだ行政書士事務所」が運営しており、各公正証書の作成について専門行政書士による有償サポートを提供しています。

家庭関係を専門とし、公正証書等の契約書作成に多数の実績があります。

サポートに関するお問合わせ

行政書士事務所内

サポートのご利用に関するご質問又はお申込みを受付けています。

047-407-0991

サポート(遺言書を除く)は全国からご利用いただくことができます。

ご利用者さまの声

子どもの成人までの養育費

子どもの成人までの養育費

子供が成人するまでとても長い期間なので口約束で無く、ちゃんとした証書にしようと思いました。【20代女性・離婚契約】

心の大きな支えに

心の大きな支えに

公正証書は日常からは遠い存在と思っていましたが、離婚後の生活に密着した内容を記載した書類であり、自分と子どもの将来を守るものだと感じています。【30代女性・離婚契約】

行政書士事務所のご案内

サンライズ船橋

船橋つかだ行政書士事務所

船橋駅から4分にあります

千葉県船橋市本町1-26-14-401