公正証書の作成をお考えになられている方へ専門行政書士による安心の有償サポートをご案内しています。

公正証書をはじめて作成する

離婚、内縁解消、婚姻費用、夫婦誓約、遺言書など

この電話番号は行政書士事務所です

047-407-0991

受付

9:00~20:00(土日は16時まで)

サポート利用に関するお問合せ

離婚後に作成すること

離婚後に作成すること

離婚した後にも、離婚公正証書を作成することは可能です。

離婚の届出前に作成しておくことが一般的ですが、急いで離婚したい事情があるときは、離婚時の取り決めごとを離婚後に公正証書に作成する約束を夫婦で交わしておき、先に離婚届出をすることもあります。

なお、離婚後に公正証書を作成する約束をしていても、一方が約束を反故にしたり、作成に協力しないことも起こり、完成させられないリスクが残ることに注意が要ります

離婚後に養育費などを公正証書に作成することもできますが、注意しておくことも。

夫婦で公正証書を作成する合意をしておく

協議離婚するときには、夫婦二人で離婚の各条件を決めておくことが普通です。

離婚後に二人で話し合って離婚の各条件を決めることは理論上では可能なことですが、離婚前に決められないことが離婚すればスムーズに決まることはありません

そもそも、離婚すること又は離婚する時期を考えるときは、離婚の条件を踏まえたうえで判断することが現実における対応となります。

安心して離婚できる条件でなければ、離婚届に判を押すことはできないからです。

仮に、離婚した後に条件について協議し、納得できない状況に陥っても、それを理由に離婚の成立を取り消すことは認められません。

このようなことから、通常は離婚の届出前に離婚の条件を固めることになります。

しかし、夫婦の一方又は双方に何らかの事情があることで、離婚の届出時期を急ぐこともあります。

そして、離婚の条件を二人で固める前に離婚届出をすることもあります。

このようなときでも、何も決めずに離婚の届出をするのではなく、大まかな合意だけでもしておき、それをもとに離婚後にすべての条件を細かく固めることが望ましいです

さらに、離婚する前に、離婚したら公正証書を作成することも約束しておきます。

そうしなければ、双方で離婚の条件に合意することに至らないこともあり、又、離婚の公正証書を作成できなくなる恐れもあります。

離婚後に公正証書を作成する

夫婦二人で離婚した後に公正証書を作成する約束を離婚届出の前にしておきます。

公正証書の完成までにかかる期間

離婚の条件を決める話し合い期間は、夫婦関係の状況によっても違ってきます。

どちらか一方に離婚となる原因(不貞行為、暴力など)があるときは、一般に夫婦仲が悪化しており、話し合いが上手く進展しないこともあります。

一方で、離婚することが決まっていても、夫婦の信頼関係が大きく壊れていなければ、冷静に話し合って離婚の条件を取りまとめることも可能になります。

ただし、離婚前よりも離婚後になる方が、離婚条件の取りまとめに時間を要することが一般的傾向として見られます

離婚が成立して互いに新たな生活が始まってしまうと、顔を合わせることはなくなり、意見を交換する機会をもつだけでも期間のかかることは避けられません。

また、離婚という大きなハードルを越えてしまったことで、一方又は双方に緊急性がなくなることで、話し合いの進展する速度も遅くなります。

こうした傾向は仕方のないことですが、離婚条件に関する合意を急ぎたい側にとってはストレスを受ける状況になります。

また、そもそも離婚する時点で夫婦の話し合いが難しい状況にあるときは、離婚後になると更に話し合いに期間を長く要することを覚悟しなければなりません

離婚前に時間的な余裕がある場合は、具体的な条件についての話し合いを少しでも前にすすめておくことは、離婚後に公正証書を作成するときに大きく効いてきます。

公正証書を作成する約束が守られない可能性

離婚の届出をする前に夫婦で離婚後に公正証書を作成することを約束しておくことで、離婚後に公正証書を作成することは可能です。

それでも、離婚後に二人で離婚の条件について話し合っても合意に達しなければ、離婚公正証書を作成することはできません

当然のことですが、離婚した後に二人を取り巻く環境は変化していくことになり、たとえ離婚の届出前に約束したことでも、それを守れなくなる(守りたくなくなる)理由が出てきます。

離婚する前には要望に応じたお金を支払うことを口約束していても、実際に離婚が成立することで、そうした意欲が失われて履行されなくなることは多く見られます。

約束したとおりに離婚公正証書を作成できることもありますが、その一方で、約束を守れなくなってしまうことも少なくありません。

公正証書の作成を離婚後におくることには、少なくないリスクを伴うことになります

公正証書の作成手続きにおける注意

離婚前又は離婚後でも、契約する当事者の間に合意ができれば、離婚公正証書を作成することは可能になります。

ただし、離婚後に公正証書を作成する場合には注意することがあります。

ほとんどの方にとっては、はじめて離婚公正証書を作成することになるため、離婚公正証書の文面を実際に見たことがないと思います。

離婚前と離婚後のどちらのタイミングでも離婚公正証書を作成することは可能ですが、両者では記載文に異なる部分が生じます。

このことに気付かず、離婚前に公証役場へ離婚公正証書の作成を申し込み、公正証書を完成するまでの間に離婚の届出を済ませてしまう方が稀にあります

そうした手続をとってしまうと、離婚後の作成にもかかわらず、離婚前に作成する前提の契約文が公正証書に表示されてしまいます。

公証人が誤りに気付けば、公正証書契約の前に修正する対応ができます。

そのときには、離婚の成立した事実、離婚後の氏を確認する書類(離婚成立後の戸籍謄本、本人確認資料)が必要になります

予約日に二人で公証役場へ出向いても、離婚届出をしたことで確認書類が不足すると、その場では離婚公正証書を完成させることができなくなります。

こうした点にも注意しながら、離婚公正証書の作成をすすめます。

公正証書作成上の注意

公証役場で契約すること

離婚に関する契約は(元)夫婦二人で行うものであるため、公正証書を作成するには、原則として二人で公証役場へ行かなければなりません。

しかし、離婚した後、妻が子どもを連れて自分の実家へ戻ることも多くあります。

そのことで二人の住所地が遠く離れると、公正証書を作成する際に支障が生じます。

どちらか一方が他方の側へ出向くか、一方が代理人を指定して公正証書の契約手続きをすることになります。

離婚する前に比べると、上記の事情が起こる可能性が増し、公正証書を作成する手続面で負担が増えることがあることにも注意します。

離婚後における収入変動

養育費を取り決める方法として、父母双方の収入を踏まえて養育費の月額などの条件を決めることが一般的です。

また、婚姻中における生活費の支出状況を踏まえ、離婚後に必要となる金額を父母の話し合いで確認し、それで養育費の条件を決めることも現実に行なわれます。

離婚に伴う扶養家族の変動によって、双方の収入が増減することもあります。

母親が子どもの親権者となるときは、父親の扶養家族が減ることで、その勤務先から支給される妻子分の扶養手当てが減額され、さらに課税上の扶養控除枠も無くなることで実質の収入も落ちることになります。

そうした状況で養育費を負担することになる父親は、養育費の支払い条件を厳しく捉えることで、父母間の交渉がシビアになることもあります。

また、離婚したことで父母双方の事情が変わっていくことも起きるため、離婚する前に描いていた条件とは違ってくる可能性のあることも踏まえておきます。

離婚原因に関する認識の相違が表面化することも

離婚になる原因、理由は、それぞれの夫婦によって異なります。

また、夫婦双方の間で離婚に至った原因の認識が異なっていることは、意外に多く見られることです。

夫婦双方とも、離婚になった原因は相手方にあると考えていることも多くあります。

こうした認識の相違は、離婚の条件を話し合う過程において、一方から離婚慰謝料の請求の申し出があることで、一気に表面化することがあります。

不貞行為の行われた明白な証拠があるケースなどを除けば、一方が相手方に離婚の原因があると考えていても、証拠となる資料がそろっていることは少なく、そのために相手方が慰謝料の支払いに応じないことが起こります。

もし、相手方から慰謝料の支払いを受けられることを期待して相手方からの離婚申出に応じたとすれば、完全に当てが外れる結果となります。

しかし、そうなったとしても、離婚したことを取り消すことは困難になります。

慰謝料を受け取ることを前提として協議離婚するときは、離婚届出の前に、相手方から離婚原因とそれに伴う慰謝料を支払う確約を書面で得ておくことが大切になります。

離婚条件が話し合いで決まらないとき

約束どおりに離婚条件を確定して公正証書を作成することができなくなったときには、家庭裁判所に調停を申し立てる方法もあります

仮に調停を経ても離婚の条件について双方間で合意が成立しなかった場合は、審判へと移行して家庭裁判所で判断を示してもらうことになります。

なお、家庭裁判所に財産分与、慰謝料を請求する調停等を申し立てることのできる期限が法律で定められていることに注意します

当事者同士による話し合いが不調に終わる見通しとなったときは、なるべく早目に家庭裁判所に調停を申し立てます。

なお、弁護士を利用しなければ、調停にかかる費用は僅かな額に過ぎません。調停の申し立て手続きは、家庭裁判所に問い合わせると教えてもらえます。

大事な条件であれば、二人で話し合った結果が駄目であっても、それで簡単に諦めず、家庭裁判所の調停を試みることも検討してみます

専門家に相談、確認しながら公正証書を作成することもできます

離婚後にも離婚に関する条件を公正証書として作成できますが、新生活のなかで自分一人で公正証書の作成手続きをすすめることが大変なこともあります。

そうしたときは、専門家のサポートを受けることで、離婚公正証書の作成手続を着実にすすめていくことも可能になります。

離婚して相手方との距離が離れてしまうと、公正証書とする契約条件の調整には長く時間がかかることになります。

間延びしないように離婚の条件をまとめあげるには、できるだけ円滑に事務的な手続きをすすめることも対応上で大切になります。

専門家と相談しながら離婚公正証書の作成を円滑にすすめたい方へ

作成サポート(有償)のお問い合わせはこちらへ

お問い合わせには、以下のフォームをご利用いただけます。

メールアドレスのご入力、パソコンからのメールについて受信制限を設定していると、当事務所からの回答メールを受信できませんので、ご注意ねがいます。

また、回答メールが迷惑フォルダーに区分されることも多く起こりますので、メールの受信を確認できないときは、そうしたフォルダーもチェックしてみてください。

※とくに、hotmail、docomo、gmailは、送信できない、受信を確認できない事例が多く起きていますのでご注意ください。

以下のフォームに必要となる事項をご記入いただいた上「送信する」ボタンをクリックしてください。

電話番号のご記入は、迷惑メールを防止するためであり、こちらからお電話をお掛けして回答することはありません。

(例:山田太郎)

(例:sample@yamadahp.jp)

(例:sample@yamadahp.jp)

(例:千葉市、福岡市など)

(例:090-1234-5678)

【ご確認ください】

お問い合わせ内容は「公正証書作成サポートのご利用に関すること」に限らせていただきます。

養育費、財産分与など、記載の方法、手続、書類についてのご相談、説明は、公正証書作成サポートで対応せていただきます。

回答の範囲外となるお問合せには返信できませんことを、ご承知ねがいます。

各サポートのお問合せはこちら

ご利用についてのお問合せは「電話」又は「フォーム」で受付けています。

ご利用の条件、手続についてご不明点があれば、お気軽にご連絡ください。

なお、公正証書に記載する内容(契約条件、方法など)に関してのご質問は、各サポートにおいて対応をさせていただいております。

公正証書を作成する手順、準備する書類、公証人手数料の額など説明を求められるお電話をいただきましても、サポートをご利用されていない方へは業務の都合上から対応できませんことをご承知ねがいます。

船橋つかだ行政書士事務所

『家庭関係の契約書の作成を専門にしています。』
⇒事務所概要・経歴など

サポートご利用についてのお問合せはこちらへ

こちらは行政書士事務所の電話番号です

047-407-0991

受付時間:9時~20時(土日は16時まで)

国民の祝日は休業日となります。

当サイトは「船橋つかだ行政書士事務所」が運営しており、公正証書、契約書等の作成について専門行政書士による有償サポートを提供しています。

無料相談は行っておりませんので、個別に公正証書の仕組み、手続きについて説明を受けたい又は相談したい方は、各サポートをご利用ください。

サポート利用のお問合わせ

行政書士事務所内

サポートご利用についてのご質問又はお申込みを受付けます。

047-407-0991

遺言を除く公正証書作成サポートは、全国からご利用いただけます。

ご利用者さまの声|166名様

子どもの成人までの養育費

子どもの成人までの養育費

子供が成人するまでとても長い期間なので口約束で無く、ちゃんとした証書にしようと思いました。【20代女性・離婚契約】

心の大きな支えに

心の大きな支えに

公正証書は日常からは遠い存在と思っていましたが、離婚後の生活に密着した内容を記載した書類であり、自分と子どもの将来を守るものだと感じています。【30代女性・離婚契約】

行政書士事務所のご案内

サンライズ船橋

船橋つかだ行政書士事務所

船橋駅から4分にあります

千葉県船橋市本町1-26-14-401