公正証書の作成をお考えになられている方へ専門行政書士による安心の有償サポートをご用意しています。

公正証書をはじめて作成する

離婚、内縁解消、婚姻費用、夫婦誓約、遺言書など

この電話番号は行政書士事務所です

047-407-0991

受付

9:00~20:00(土日は16時まで)

サポート利用に関するお問合せ

別居の意味

結婚をして夫婦になると、同じ家に住んで共同生活を送ることになります。法律上でも夫婦には同居してたすけ合いながら生活をする義務があります。

しかし、不貞、借金などの問題が夫婦に起きると、別居する夫婦もあります。

別居を続けると夫婦としての実体が失くなってきて、早期に同居生活に戻らないと、そのまま離婚に至ることになります。

夫婦が同居する意味

男女が同居をすることは、お互いに相手に好意を持っていることで起きる結果です。

法律上の婚姻届けをするしないにかかわらず、男女には同居する自由があります。

ただし、内縁も含んだ婚姻関係にある男女は、法律上でも同居することが義務付けられています。一方が勝手に同居を解消することは、法律上の責任を負うこともあります。

その一方で、同棲関係にある男女は、一方の意思によって同居をいつでも解消することができます。

つまり、婚姻関係にある男女は、良い時期ばかりでなく、悪い時期も含めて常に同居を続けることで、夫婦としての実体を持つことになります。

一般に、男女の仲は婚姻関係に入るときをピークとして、その後は徐々に下降線をたどり、山あり谷ありの時期も経ながら、やがて安定していくことが多いと言えます。

夫婦として同居を続けていくことで、生活上の苦楽を共にし、又、お互いに相手の良い面と悪い面を知っていき、その結びつきを深めていきます。

そうして婚姻生活を送ることは、男女にとって大きな意味があります。

夫婦が別居することの意味

家庭内で問題が起きたり、夫婦関係が悪化すると、別居する夫婦があります。

別居となる理由

上記のとおり同居を続けることで夫婦としての実体を備えることになりますが、そうしている中で夫婦にトラブルが起きると、一時的にも夫婦が別居することもあります。

その別居となる理由としては、夫婦の一方による不貞行為、家庭内の暴力、遊興費を目的とした借金、仕事に就かない、などがあります。

こうした問題が起きると、夫婦であっても相手を信頼できなくなり、一緒に生活を送ることに苦痛を感じることになります。

相手に愛想をつかし、又は、相手に対する戒めとして、問題となる行為をされた側は、しばらく別居することを選ぶことがあります。

別居の目的

離婚することが決まり、離婚の届出をする前に離婚についての条件(親権、養育費、財産分与など)を夫婦で話し合うため、離婚を待たず別居の形をとることがあります。

このような別居は、形式(法律)上では婚姻関係が続いていても、実質的には婚姻が破綻しているものです。

特別な事情(単身赴任など)がなく、ある程度の期間にわたり別居が続くと、その夫婦の婚姻関係は破綻していると見られます。

また、夫婦に何らかの問題が起きたことで、離婚することが全く決まっていなくとも、一方が別居を開始することもあります。

こうした別居であると、あくまで一時的なものとなり、起きた問題が解決したり、落ち着くことによって、同居生活に戻ることもあります。

別居によって離婚になる可能性

はじめは離婚する予定のない別居であっても、その生活に慣れて安定してくると、居心地が良くなり同居生活に戻らなくても構わないと思うこともあります。

その反対に、別居によって何かが欠けて物足りない生活であると感じるのならば、夫婦関係の修復を試みて同居の再開に向けて動くことになります。

夫婦は同居をしていることで名実ともに夫婦である面もあると言え、安易に別居生活に入ることは、離婚につながりかねないリスクがあります。

単身赴任の生活が長く続くことで夫婦の関係が希薄となり離婚になる事例もあります。

経済的な自立

夫婦が同居から別居になることで、それぞれで生活のやり繰りをすることになります。

ただし、夫婦の間には互いにたすけ合って生活する義務がありますので、双方の収入に大きな格差があったり、一方が子どもをみるときには、夫婦の間で生活費の負担調整が行われます。この負担金のことを「婚姻費用」と言います。

こうしたことから、別居になると夫婦の一方から他方へ婚姻費用の負担金が支払われることが多くあります。

離婚に向けた別居であると、別居の期間が短いと離婚時に婚姻費用の未払い金を精算することになり、長期化するときは公正証書などで婚姻費用の支払い契約を結ぶこともあります。

婚姻関係の破綻となるとき

別居の期間が長くなっても、互いに経済的にたすけ合う義務は皆無とはならず、婚姻費用の支払いは離婚が成立するまで続きます。

しかし、夫婦に課された守操義務については、別居によって婚姻関係が破綻しているとみなされるときは無くなります。

つまり、別居を開始した後に配偶者以外の異性と性交渉を伴う関係を持っても、それが不貞行為にならない可能性があります。

各サポートのお問合せはこちら

ご利用についてのお問合せは「電話」又は「フォーム」で受付けています。

ご利用の条件、手続についてご不明点があれば、お気軽にご連絡ください。

なお、公正証書に記載する内容(契約条件、方法など)に関してのご質問は、各サポートにおいて対応をさせていただいております。

公正証書を作成する手順、準備する書類、公証人手数料の額など説明を求められるお電話をいただきましても、サポートをご利用されていない方へは業務の都合上から対応できませんことをご承知ねがいます。

船橋つかだ行政書士事務所

『家庭関係の契約書の作成を専門にしています。』
⇒事務所概要・経歴など

サポートご利用についてのお問合せはこちらへ

こちらは行政書士事務所の電話番号です

047-407-0991

受付時間:9時~20時(土日は16時まで)

国民の祝日は休業日となります。

当サイトは「船橋つかだ行政書士事務所」が運営しており、各公正証書、契約書等の作成について専門行政書士による有償サポートを提供しています。

無料相談は行っておりませんので、個別に公正証書の仕組み、手続きの説明を受けたり、ご相談を希望される方は、各サポートをご利用ください。

サポート利用のお問合わせ

行政書士事務所内

サポートご利用についてのご質問又はお申込みを受付けます。

047-407-0991

遺言を除く公正証書作成サポートは、全国からご利用いただけます。

ご利用者さまの声|166名様

子どもの成人までの養育費

子どもの成人までの養育費

子供が成人するまでとても長い期間なので口約束で無く、ちゃんとした証書にしようと思いました。【20代女性・離婚契約】

心の大きな支えに

心の大きな支えに

公正証書は日常からは遠い存在と思っていましたが、離婚後の生活に密着した内容を記載した書類であり、自分と子どもの将来を守るものだと感じています。【30代女性・離婚契約】

行政書士事務所のご案内

サンライズ船橋

船橋つかだ行政書士事務所

船橋駅から4分にあります

千葉県船橋市本町1-26-14-401