公正証書の作成をお考えになられている方へ専門行政書士による安心の有償サポートをご用意しています。

公正証書をはじめて作成する

離婚、内縁解消、婚姻費用、夫婦誓約、遺言書など

この電話番号は行政書士事務所です

047-407-0991

受付

9:00~20:00(土日は16時まで)

サポート利用に関するお問合せ

家を出た相手から生活費を請求された

夫婦の仲が良好とは言えない状態が続いていた中、相手が断りなく家から出ていってしまい、その後になり相手から生活費の支払い請求を受けたとき、それを支払わなければならないのかという質問を受けることがあります。

相手に不貞行為などの夫婦関係を破綻させた事情がある場合を除いて、原則は夫婦間の生活費分担義務に基づいて必要となる負担額を支払うことになります。

生活費の請求

突然、家から出て行ってしまった

夫婦の仲が円満とは言えなくなり、二人の関係がギクシャクしていると、家庭で会話することも少なくなり、相手の考えていることが段々とわからなくなります。

そうしたとき、相手が前触れも無く、突然に家を出て行ってしまうことがあります。

突然のことに驚きますが、たいがいは自分の実家へ行っていることを知ることになり、少しは気持ちも落ち着きます。

相手が実家へ戻るには、必ず何か理由があるはずです。

それまで二人の間に起きたことを思い返してみると、思い当たることもあるものです。

自分に原因があったのであれば、それが相手に与えた影響を考えて、相手に家に戻ってきてもらう対応を考えなければなりません。

一方で相手に原因があるにもかかわらず、相手が家を出て行ったのであれば、その後の夫婦生活をどうするか考えることになります。

出産で実家へ戻ったきり、帰って来ない

妻が妊娠をすると、安心して出産できる環境を整えられる自分の実家へ戻ることも多くあります。いわゆる「里帰り出産」になります。

妻の実家側としても、自分の娘を喜んで迎え入れるものであり、夫は安心して妻をその実家へと送り出すものです。

普通であれば、出産が終わってしばらくすれば、妻は生んだ子どもを連れて夫婦の家に帰ってきます。

しかし、その予定に反して、一向に妻が家に帰って来ないことも珍しくありません。

夫としては「どうして帰って来ないのか?」その理由がわからないものです。

でも、妻は、それまでの夫婦生活に満足していなかったわけであり、夫は、その事実に気付かずにいたのです。

折角子どもを授かったのに、妻と子どもが家に帰らないと、夫は困り果てます。

夫は何とか妻から理由を聞き出すことで、それまでの夫婦生活における自分の行ないに妻が不満を持っていたことを知ることになります。

生活費を請求をされた

離婚したいとの旨を告げることなく家を出ていく場合は、たとえ離婚を望んでいても、すぐには円滑な離婚はできないと本人が考えていることが推測されます。

もし、容易に離婚できると考えていれば、わざわざ家を出ることなく、直ぐにも離婚に向けて当事者同士で話し合う方が早く離婚の手続きをすすめられるからです。

夫婦生活が円満さを欠いてくると、お互いの考え方、価値観の違いが表面化しやすくなり、主張がぶつかりやすくなることがあります。

通常は、離婚にあわせて夫婦の共同生活を解消させますが、離婚の合意ができるまでに時間がかかるときには、共同生活の解消(別居)を先行させることもあります。

そうして別居することになると、夫婦がそれぞれで生活をすることになり、そのための費用が必要になります。

夫婦の双方とも十分な収入があるときは、それぞれで生活費を用意できますが、一方が就業していなかったり、子どもがいるときには、生活費が足りなくなります。

そうしたとき、生活費が足りない側は、相手に対し生活費を請求できます。

こうしたことから、家を出て行かれた後になり、生活費の支払い請求が起きます。

二人の間で生活費の支払いについて話し合いが成立したときは、その婚姻費用の分担について公正証書を作成しておくこともあります。

不倫を続けるために家を出て行ったときの請求

夫婦でいるうちは、お互いに経済的にもたすけ合って生活する義務があります。

でも、自分が不倫をしており、それを続けるために家を出て行った場合にも相手に対し生活費の支払いを求めることは、問題があると考えられます。

夫婦でいることでお互いに助け合う義務を負うことになるにもかかわらず、夫婦であることを放棄した側が相手側に対し夫婦としての義務を求めることは矛盾するためです。

生活費の支払い請求を受けた側がその支払を拒むと、請求する側は家庭裁判所に申し立てをすることがありますが、そうした場合には、家庭裁判所は請求をまったく認めなかったり、減額して認めることになります。

家を出て行ったことだけを理由としては請求を拒めません

上記のように不倫など問題行為を原因に家から出て行った場合のほかは、別居をすることで夫婦の関係が消滅するものでありませんので、夫婦で生活費を分担する義務はなくなりません。

生活費の請求をしてきた相手が家から出て行った理由がかわからないときは、夫婦の間で双方の生活費を公平に分担することになります。

一方に不倫している事実が明白になっている場合などを除けば、どちら側が悪いということを判断することは難しいものです。

したがって、里帰り出産のあとに家に帰ってこないときも、家に帰らないことで相手に生活費を支払わない理由にはなりません。

各サポートのお問合せはこちら

ご利用についてのお問合せは「電話」又は「フォーム」で受付けています。

ご利用の条件、手続についてご不明点があれば、お気軽にご連絡ください。

なお、公正証書に記載する内容(契約条件、方法など)に関してのご質問は、各サポートにおいて対応をさせていただいております。

公正証書を作成する手順、準備する書類、公証人手数料の額など説明を求められるお電話をいただきましても、サポートをご利用されていない方へは業務の都合上から対応できませんことをご承知ねがいます。

船橋つかだ行政書士事務所

『家庭関係の契約書の作成を専門にしています。』
⇒事務所概要・経歴など

サポートご利用についてのお問合せはこちらへ

こちらは行政書士事務所の電話番号です

047-407-0991

受付時間:9時~20時(土日は16時まで)

国民の祝日は休業日となります。

当サイトは「船橋つかだ行政書士事務所」が運営しており、各公正証書、契約書等の作成について専門行政書士による有償サポートを提供しています。

無料相談は行っておりませんので、個別に公正証書の仕組み、手続きの説明を受けたり、ご相談を希望される方は、各サポートをご利用ください。

サポート利用のお問合わせ

行政書士事務所内

サポートご利用についてのご質問又はお申込みを受付けます。

047-407-0991

遺言を除く公正証書作成サポートは、全国からご利用いただけます。

ご利用者さまの声|166名様

子どもの成人までの養育費

子どもの成人までの養育費

子供が成人するまでとても長い期間なので口約束で無く、ちゃんとした証書にしようと思いました。【20代女性・離婚契約】

心の大きな支えに

心の大きな支えに

公正証書は日常からは遠い存在と思っていましたが、離婚後の生活に密着した内容を記載した書類であり、自分と子どもの将来を守るものだと感じています。【30代女性・離婚契約】

行政書士事務所のご案内

サンライズ船橋

船橋つかだ行政書士事務所

船橋駅から4分にあります

千葉県船橋市本町1-26-14-401