公正証書の作成をお考えになられている方へ専門行政書士による安心の有償サポートをご用意しています。

公正証書をはじめて作成する

離婚、内縁解消、婚姻費用、夫婦誓約、遺言書ほか

047-407-0991

受付

9:00~20:00(土日は17時まで)

各サポートに関するお問合せ

夫婦関係の修復

夫婦の関係は、常に安定した状態にあるとは限りません。日々の生活のなかで変動し、重大な出来事が夫婦間に起きると、一時的に関係が悪化することもあります。

その最たる原因として、夫婦の一方に不貞行為が判明したり、暴力が振るわれることがあります。そうしたときも、直ぐに離婚せず夫婦の関係修復を目指すことも多くあり、誠実に対応することで関係を修復することも可能になります。

夫婦関係が悪くなる要因

結婚するときに極めて良好な関係にあった男女二人も、婚姻してから時間が経過していくと共に、夫婦として徐々に落ち着いた関係に移行していきます。

熱い状態はいつまでも続くことはなく、いつか落ち着くことになります。そこからが、夫婦の関係を築いていく大事な時期となります。

しかし、そうしたことを意識して生活することは難しいものです。

そのため、夫婦として共同生活をおくるなかでは、双方の価値観に相違のあることが表面化する場面が出てきたり、夫婦で重要な決め事をするときに意見衝突も起きます。

はじめは相手に遠慮していて自分の悪いところを隠していても、婚姻生活に慣れてくると、素の自分が表に出るようになってきます。無理なことは、長く続けられません。

相手からすれば、それまで良い面だけしか映らなかったのに、次第に悪い面が目に付くようになります。こうしたことは、お互いに生じるものです。

そうした場合、互いに相手の考え方を受容するように努力できれば、夫婦関係が大きく悪化することに至りませんが、そうならないこともあります。

お互いに相手を認めることができないと、夫婦の関係は疎遠になっていきます。誰でも、自分のことを認めない人に対しては心を開かないものです。

そして、喧嘩が起きたとき、その状態を放置しておくと、二人の関係は悪化する一途をたどります。

そのほか、夫婦の一方側に不貞行為、多額の借金、暴力行為など重大な問題があると、夫婦の関係は急激に悪化します。

重大な問題が発覚等したときは、速やかに適切な対応をしなければ、婚姻が破たんする方向へすすむことになってしまいます。

夫婦関係が悪くなる原因

夫婦で生活を続けていく中では、いろいろなことが原因で夫婦関係が悪くなることも起きます。

不貞行為のあるとき

不貞行為(いわゆる「不倫」「浮気」)の事実が判明すると、夫婦の関係は一気に大きく悪化します。

法律の上でも夫婦間には配偶者以外とは性交渉をしない義務があるとされていますが、個人感情面からも、配偶者が自分以外の異性と性交渉していることを知れば、相手に対して強い不信感又は嫌悪の情を抱くことになります。

夫婦は、心身ともに密接な特別関係にあります。不貞行為があると、夫婦の信頼関係に深刻な影響を及ぼすことは避けられません。

不貞行為の態様によって夫婦関係への影響は違いますが、夫婦によっては、一度だけの不貞行為が判明したことで離婚することもあります。

一方で、数年間にわたる不貞行為の事実が発覚しても、離婚しないで婚姻を続けていく夫婦もあります。

なお、性的関係を持つまでに至らない男女の交際であっても、受忍の限度を超えるものであると離婚の原因になることもあります。

浮気相手からの誓約

隠れた借金のあることが判ったとき

婚姻共同生活を送る夫婦には、生活を維持するために経済的にもお互いに協力していく法律上の義務があり、二人は運命共同体にあると言えます。

そのため、配偶者一方の経済事情は、婚姻生活に大きく影響します。

二人の収入が十分であれば家計は安定しますが、一方の収入が大きく減少することになれば家計は苦しくなります。

夫婦二人の経済感覚は必ずしも同じであるとは限らず、双方に感覚面で大きなズレが存在していることもあります。

夫婦の一方が倹約家であるにもかかわらず、他方が浪費家であることもあるのです。もし、浪費家であると、金銭管理が上手くできず、借金をすることも起きます。

借金は少ないうちは問題になりませんが、多くなると一人では対応できなくなります。

一方に隠れた多額の借金がある事実が突然に判明すると、それを知った他方は、相手に対し強い不信感を抱きます。

夫婦が互いに信頼して婚姻生活をおくるうえでは、重要な事実を隠すことは信頼関係を大きく損ねる行為になります。

また、夫婦として生活を続ける以上、一方の借金は実質的に他方の負担になります。

借金の額が返済できるものであれば、夫婦で借金を解消することもできますが、対応できない額であると、両親から支援を受けなければならないこともあります。

婚姻生活は、二人の間に愛情があるだけでは続けられないのです。

家庭内で暴力のあるとき

夫婦に円満さを欠くようになると、一方が暴力的になることもあります。暴力には身体に物理的に暴力を振るうほか、周囲に物を投げたり、物を壊すこともあります。

自分の配偶者が暴力を振るうことで、常に暴力を受ける恐怖心を持つことは、人の心を歪めることになります。

夫婦の間に暴力が存在することは、夫婦の信頼を根底から崩すことになります。

配偶者から暴力を受ける側は離婚することを考えますが、夫婦に子どものあるときは、直ちに離婚することを逡巡することも多くあります。

しかし、一方に暴力のあることに他方が耐えて形式的な婚姻を続けても、夫婦としての信頼関係を欠いたままでは婚姻が破たんに向かう可能性が高くなります。

また、子どもの前で暴力が行われると、子どもにも恐怖を与えることになり、情操面で悪い影響を及ぼします。

近年では言葉上の暴力(モラハラ)による婚姻の破たんも見られます。こちらは加害者の側に自覚が欠けていることで、問題の解決が容易でない面があります。

暴力が続くと、婚姻を続けることが困難となります。

修復へ向けた対応

夫婦関係が悪化した状態のまま放置しておくと、その状態に何かの出来事が起きたときには、それが契機となって一気に離婚に流れが向かうことがあります。

一般に、不貞行為の問題は、相手を変えて繰り返し起きることも少なくありません。

また、借金や暴力には常習性があることから、それらの問題が発覚したときは、適切な再発防止策を講じておくことが必要になります。

不貞、借金、暴力などの問題が続くと、婚姻の破たんは避けられないものとなります。

また、明確な原因もなく夫婦の関係が悪い状態にあるときは、夫婦の双方が、相手に問題があって不仲になったと考える傾向にあります。

そうなると、夫婦双方とも、自分から言動を変えていくことが期待できず、時間を置いても夫婦の関係は良い方向へ変わりません。

そうして夫婦の間に大きな溝があるまま婚姻を続けても、婚姻生活を充実したものにすることはできず、いつか限界を感じることになります。

もし、夫婦の一方又は双方に離婚になることを何とか回避したいと考えるのであれば、早くに夫婦関係の修復を図っていくために行動することが求められます。

離婚する約束をする

修復へ向けた対応

夫婦の問題を放置することなく、夫婦関係の修復に努めていきます。

夫婦の話し合い

夫婦関係の修復に向けた対応としては、夫婦で話し合うことが基本となります。

婚姻共同生活を安定的に長く続けていくためには、夫婦の間でうまく意思疎通できることが必要かつ不可欠なことになります。

意外にも、日常生活の中では、夫婦がゆっくり話し合う機会は少ないものです。

テレビを消して、スマホを手から放して、夫婦で話し合いをすすめます。

そのなかで、夫婦の関係が悪くなった原因を双方で確認して共通の認識を持つことで、原因を除去する対応策を決めて、夫婦二人で関係を修復する努力をします。

こうした夫婦の話し合いをすすめることは、お互いに相手の考え方などを再認識する良い機会を得ることになります。

相手を強く非難しない

夫婦の話し合いでは、相手の犯した失敗を強く非難しないことも大切なことです。

済んでしまったことを元に戻すことはできませんので、失敗したことを非難された側は謝るしかありません。

自ら謝ることも難しいものですが、謝罪することを強いられることは辛いものであり、そうした状態を長く続けることはできないものです。

失敗することは誰にでもあり、婚姻生活の中でも色々な失敗は起きるものです。

また、婚姻生活が続けば、問題、程度の違いはあっても、双方に失敗があります。

一方的に強く非難を受けることを受け容れられず、過去に起きた相手の失敗を探すことになり、自分も相手を非難することになりがちです。

そうした非難合戦は、お互いを深く傷つけ合うことになり、夫婦の関係を傷めます。

失敗をした側は素直にさっと謝り、そして謝られた側は早く気持ちを切り替えて、再発防止を含めて、夫婦の関係を修復するために二人で何をすべきかを考えます。

問題を総括した後に、建設的に前へすすめていくことも大切なことです。

誓約書を作成すること

夫婦関係の修復を図るために二人で話し合った結論について書面として作成し、それを双方で確認することも行なわれます。

こうしたときに作成される書面を「誓約書」または「合意書」と言います。

誓約書は、夫婦の関係修復を図ることを目的として、二人で誓約したことを記す書面になりますが、法律上の効果を期待して作成するものではありません。

そうした手続きをすることで、お互いで取り組むべき事を具体的に認識し、二人で協力して夫婦の関係を修復するために努力していくものです。

誓約書を作成すれば大丈夫だと考えるのではなく、そこから二人で夫婦の関係修復に努めていくことが大切になります。

なお、起きた事実、経緯などについて誓約書に作成しておくことは、夫婦間に再び問題が起きて争いになったときには、解決のために裁判所へ提出する資料として利用することもできます。

⇒夫婦関係の修復に向けて有効な誓約書を作成するには?

家庭裁判所の調停を利用すること

家庭内に起きた問題は、夫婦の話し合いで解決することが望ましいと考えられます。

しかし、夫婦の関係がこじれてしまうと、話し合いで解決に至らないこともあります。

そうしたときは、家庭裁判所の家事調停を利用することも可能になります。

調停は、家庭裁判所の調停委員が夫婦の間に入って、双方の間を調整して問題の解決を目指すものです。

家庭裁判所の調停は、離婚するとき以外にも、夫婦に起きた問題の調整を図るときに利用することができます。

調停の利用にかかる料金は、弁護士を利用しない限り、極めて低廉です。

もし、調停を利用することに夫婦双方で合意ができれば、家庭裁判所の調停を上手く利用することで、夫婦の関係を修復することも考えられます。

各サポートのお問合せはこちら

ご利用についてのお問合せは、「電話」又は「フォーム」で受付けています。

ご利用条件、利用方法についてご不明点があれば、お気軽にご連絡ください。

なお、公正証書に記載する内容(契約条件、方法など)に関してのご相談は、各サポートにおいて対応をさせていただいております。

※公正証書の作成手順、準備する書類などについての説明を求めるお電話は、業務の都合から無料相談の対象としておりませんので、ご承知おきください。

船橋つかだ行政書士事務所

『家庭関係の契約書の作成を専門にしています。』
⇒事務所概要・経歴など

お電話でのお問合せはこちら

047-407-0991

受付時間:9時~20時(土日は17時まで)

祝日は原則として休業日となります。

こちらのサイトは「船橋つかだ行政書士事務所」が運営しており、各公正証書の作成について専門行政書士による有償サポートを提供しています。

家庭関係を専門とし、公正証書の契約書作成に多数の実績を有します。

サポートに関するお問合わせ

行政書士事務所内

サポートのご利用に関するご質問又はお申込みを受付けています。

047-407-0991

サポート(遺言書を除く)は全国からご利用いただくことができます。

ご利用者さまの声

子どもの成人までの養育費

子どもの成人までの養育費

子供が成人するまでとても長い期間なので口約束で無く、ちゃんとした証書にしようと思いました。【20代女性・離婚契約】

心の大きな支えに

心の大きな支えに

公正証書は日常からは遠い存在と思っていましたが、離婚後の生活に密着した内容を記載した書類であり、自分と子どもの将来を守るものだと感じています。【30代女性・離婚契約】

行政書士事務所のご案内

サンライズ船橋

船橋つかだ行政書士事務所

船橋駅から4分にあります

千葉県船橋市本町1-26-14-401