公正証書の作成をお考えになられている方へ、専門行政書士による安心の有償サポートをご案内しています。

公正証書をはじめて作成する

離婚、婚姻費用の分担契約、遺言書など

この電話番号は、有償サポートを提供する行政書士事務所につながります。

047-407-0991

受付

9:00~20:00(土日は16時まで)

サポート利用に関するお問合せ

示談書のチェック依頼について

不倫のトラブルが起きたことで、それに対応する示談書を本人で作成してみたけれど、その内容に誤りなどがないか心配になり、専門家の目から示談書をチェックして欲しいという申し出を電話などで受けます。

しかし、チェックによって記載の誤り、漏れ等が見付かっても、正しく直せなければ、結果として正しい示談書を完成させる目的を達成できません

当事務所では、チェックの依頼に対しては、示談書の再作成で対応しています。

チェック依頼

チェックが必要になる理由

不倫トラブルについて対応をすすめ、その収束が見えてくる頃になると、最終の手続きとして不倫問題を決着させる示談書を作成することになります。

普通には示談書を見慣れている人などいませんので、まずは自分で調べてみます。

示談書の文例はインターネット上に掲載されており、どのような形式の書面であるか、そのイメージについて確認できます。

ほとんどの文例は一枚書きであり、記載されている項目数も限られています。

しかし、文例は様々なパターンがあり、各サイトによって文例は異なり、自分のケースではどの文例を参考に示談書を作成すべきか判断することは容易ではありません。

また、どれが自分のケースに近い文例であるかの見当がついても、完全に一致することは少ないため、目的に合うように文例を改変しなければなりません。

そうした改変を行うときには、契約書を作成するうえでの基礎的な技術が要ります。

仮に文例を真似て示談書を自分で作成してみても、記載事項にかかる法律上の効力を理解できていないと、ほんとうに正しく出来ているか確信を持てません

間違った示談書を使用してしまうと、目的としていた示談の効力が得られなかったり、示談後にトラブルが起きたときの対応に困ることになります。

示談の結果については、示談書だけが証明するものとなります。

そうしたことから、できあがった示談書が自分の目的に適った内容と記載になっているかについて、専門家にチェックを受けたいと考えることになります。

専門家によるチェックを受ける

示談書について専門家からチェックを受けるためには、まずは、チェックの依頼を受けてくれる(専門家)を探さなければなりません。

専門家の利用については原則として有料となりますが、どうしても無料で対応して欲しい場合は、それに応じてくれる先に限定されます。

自分で複数の専門家に対応の如何について尋ねて、見付けなければなりません。

専門家は探すことができても、無料で対応してもらえる範囲は限られることに注意が必要です。

有料であれば、相談という形で依頼するか、添削又は作成で依頼することになります。

もし、専門家のチェックを受けて「これで大丈夫です」となれば安心ですが、「これでは駄目(不十分)です。何箇所か修正しなければなりません」となれば、修正方法を教えてもらい自分で直すか、依頼先に修正を依頼することになります。

チェックの目的を間違えない

チェックによって示談書に誤り等があることを指摘された際は、その修正に対応しなければなりません。

このとき、指摘を受けた理由、どのように修正対応すべきか理解できなければ、折角のチェックを示談書に反映させることができません

示談書を作成するときだけではなく、その修正に対応するときにも契約書を作成する基礎知識、技術は必要になります。

自分で修正できずに修正方法を専門家に教えてもらうようなことになれば、はじめから専門家に示談書を作成してもらう方が早くて効率的です。

示談書のチェックを受ける目的は、速やかに正しい示談書を用意することであり、自分で示談書を作成する技術を身につけることではありません。

迅速にトラブルを収束させるために

必要となる示談書を自分で作成するときは、完成するまでにかなり時間を要することになります。

初めて示談書を作ることになれば、自分でゼロから調べ、真似をしながら示談書を作り上げることになるのですから、直ぐには完成しません。

しかし、その一方で不倫トラブルでは、迅速な対応が求められます。

そのため、示談書を作成することに自分が多くの時間(期間)をかけられる余裕があるかどうかも踏まえて、対応を考えることになります。

もし、自分にとって好条件(不倫の慰謝料等)で示談を成立させられる状況にあれば、相手方の気持ちが変わらないうちに示談書を取り交わして終わりにしたいものです。

そうしたタイミングを外さずに適切に対応することは、示談では大切になります。

当事務所におけるチェック依頼への対応について

当事務所では「示談書のチェック」というサポートメニューはご用意しておりません。

急いで示談書を用意しなければならないときは、「示談書の作成」サポートをご利用いただくことになります

その理由は、当事務所へ示談書の作成を依頼いただく方が事前に作成された示談書をチェックしますと、例外なく修正が必要になり、その結果として再作成で対応することになるからです。

修正がある場合、それを直して対応することは難しいことがほとんどとなりますので、全面的に再作成することになります。

もし、当事務所へ示談書のチェックを依頼したいとお考えであれば、早目に作成依頼のご連絡をいただいた方が早く示談書を用意することができます。

各サポートのお問合せはこちら

ご利用のお問い合わせは「電話」又は「フォーム」で受け付けています。

ご利用の条件、手続についてご不明点があれば、お気軽にご連絡ください。

なお、公正証書に記載する内容(契約条件、方法など)に関してのご質問は、各サポートにおいて対応させていただいております。

公正証書を作成する手順、準備する書類、公証人手数料の額など説明を求められるお電話をいただきましても、サポートをご利用されていない方へは業務の都合上から対応できませんことをご承知ねがいます。

船橋つかだ行政書士事務所

『家庭関係の契約書の作成を専門にしています。』
⇒事務所概要・経歴など

サポートご利用についてのお問合せはこちらへ

こちらは行政書士事務所の電話番号です

047-407-0991

受付時間:9時~20時(土日は16時まで)

国民の祝日は休業日となります。

当サイトは「船橋つかだ行政書士事務所」が運営しており、公正証書、契約書等の作成について専門行政書士による有償サポートを提供しています。

無料相談は行っておりませんので、個別に公正証書の仕組み、手続きについて説明を受けたい又は相談したい方は、各サポートをご利用ください。

サポート利用のお問合わせ

行政書士事務所内

サポートのご利用に関するご質問又はお申込みを受付けます。

047-407-0991

遺言を除く公正証書作成サポートは、全国からご利用いただけます。

ご利用者さまの声|174名様

子どもの成人までの養育費

子どもの成人までの養育費

子供が成人するまでとても長い期間なので口約束で無く、ちゃんとした証書にしようと思いました。【20代女性・離婚契約】

心の大きな支えに

心の大きな支えに

公正証書は日常からは遠い存在と思っていましたが、離婚後の生活に密着した内容を記載した書類であり、自分と子どもの将来を守るものだと感じています。【30代女性・離婚契約】

行政書士事務所のご案内

サンライズ船橋

船橋つかだ行政書士事務所

船橋駅から4分にあります

千葉県船橋市本町1-26-14-401