公正証書の作成をお考えになられている方へ専門行政書士による安心の有償サポートをご用意しています。

公正証書をはじめて作成する

離婚、内縁解消、婚姻費用、夫婦誓約、遺言書など

こちら行政書士事務所の電話番号です

047-407-0991

受付

9:00~20:00(土日は16時まで)

各サポートに関するお問合せ

不倫・浮気の和解

不倫・浮気が発覚すると、不倫・浮気をした側と配偶者に不倫・浮気をされた側の二者間で協議されることになります。そうした男女問題のトラブルの協議では、どうしても感情を完全に消して対応することは難しい面があります。

それでも、早期に問題を解決するためには互いに冷静に協議することが求められます。二者間で協議できるときは、最終的な和解を目指して条件を詰めていきます。

和解を目指す協議をするとき

不倫・浮気は、夫婦の関係に重大な影響を及ぼす問題になります。

夫婦の一方に不倫・浮気の行なわれた事実が他方に判明すると、夫婦は、婚姻を継続するか否かについて判断を求められます。

その後にも婚姻を継続する夫婦は多くあり、そうしたときは、不倫・浮気の問題を夫婦の間において整理する必要があります。

そして、夫婦の関係を修復していくように互いに対応しなければなりません。

その際には、配偶者の不倫・浮気相手となった者に対しても、不倫・浮気の問題を整理しておかなければなりません。

不倫・浮気相手に対しては、一般に、不倫・浮気の関係を解消すること、慰謝料を支払うことの二項目について整理することになります。

多くのケースでは、訴訟による方法ではなく、当事者間の協議によって和解することを目指すことになります。

夫婦側が婚姻を解消しない以上、不倫・浮気関係を直ぐに解消することは大前提となりますし、訴訟をすることは夫婦関係の修復にも影響を及ぼすと考えられます。

できるだけ円滑に和解を成立させるには、互いに、できるだけ感情を抑制して冷静に協議をすることです。

男女間のトラブルでは、協議する際に強く感情を表してしまうことで、円滑に和解を成立させることを難しくしてしまうことも見られます。

不倫・浮気をした側も反省の意を表していても、それまでの事実、経緯によっては、内心では完全に非を認めていないこともあります。

そうしたときに感情面で強く刺激することは、良い方向へ作用しません。

早く和解を成立させることは、双方にとって良いことは明らかです。できる限り冷静に協議をすすめることになります。

不倫・浮気の和解

不倫・浮気が発覚したときは、まずは当事者間で協議して和解することを目指します。

互いに譲歩すること

婚姻を解消しない場合は、不倫・浮気相手も男女関係の解消には応じますので、このことが当事者の間で問題になることは普通はありません。

一般に、和解に向けてネックになるのは、慰謝料の金額になります。

不倫・浮気をした側に、必ずしも慰謝料を支払えるだけの資力があるとは限りません。

その一方で、不倫・浮気を理由として精神的な苦痛を受けた側は、高い慰謝料を請求することが多くあります。でも、そうなると、直ぐには解決しません。

こうしたミスマッチは、現実にも多く見られることです。双方とも相手に歩み寄ることをしない限り、なかなか解決に至りません。

義務者の側に慰謝料を支払うだけの資力がなければ、慰謝料の額を引き下げ、分割して支払うことを和解の条件として調整することになります。

こうした状況であるときには訴訟をしても、互いに実利を得ることになりません。

協議に多少は時間がかかりますが、現実的な解決を探っていくことになります。

和解書による確認

不倫・浮気の問題について当事者の間で協議が調って和解できることが見えたときは、和解の条件を整理した和解書を用意します。

男女トラブルは、きっちりと整理したうえで明確に区切りを付けることが大切です。

和解した内容が互いに履行されるように、和解書として作成しておくことが安心です。

とくに慰謝料の支払いが分割となるときは、和解が成立しても双方の関わりが完全に解消されませんので、書面化しておくことは和解の手続きとして必須となります。

和解書は当事者が自ら作成することも可能になりますが、専門家に依頼して作成する方法を選ぶ方も多くあります。

なお、和解の条件は、慰謝料など金銭の支払い以外について不履行が起きても、相手に強制することが難しい面があります。

和解の条件を守ること

当事者の間で和解が成立しても、後になってから和解の条件を見直したいと考える方もあります。

不倫・浮気の起きた事実を精神的に引きずってしまうと、せっかく和解が成立しても、すっぱり気持ちを切り替えられないこともあります。

そうしたときは、自分の下した判断に自信を持つことができず、あらためて色々と余計なことを考えてしまうこともあるものです。

しかし、いったん和解が成立した以上は、和解した当事者は和解の条件を守らなければなりません。

和解した条件を後から変更することを相手方に求めたり、不履行にしてしまうことは、和解した当事者の関係を完全に壊してしまうことになります。

そうなってしまうと、トラブルを収束させるために再協議することも困難になります。

和解をするときには、条件を守れる範囲内で合意することが必要となります。

公正証書で和解書を作成すること

不倫・浮気でトラブルが起きた当事者にとって、和解書は大切なものになります。

そうしたとき、信頼できる公正証書で和解書を作成したいと考える方もあります。

公正証書は公文書ですが、主にお金の支払い契約をするときに利用されます。

支払いを受ける側は、お金の支払い契約が守られなかったときに、公正証書をもとに違反した側の財産を差し押さえできることが、公正証書が利用される理由です。

したがって、お金を支払う契約を伴わない和解書を公正証書にしても、特別な効力が備わることにはなりません。

各サポートのお問合せはこちら

ご利用についてのお問合せは「電話」又は「フォーム」で受け付けています。

ご利用の条件、手続についてご不明点があれば、お気軽にご連絡ください。

なお、公正証書に記載する内容(契約条件、方法など)に関してのご質問は、各サポートにおいて対応をさせていただいております。

公正証書の作成手順、準備書類、手数料について説明を求められるお電話は、業務の都合から、サポートをご利用されていない方へは対応できませんことをご承知ください。

船橋つかだ行政書士事務所

『家庭関係の契約書の作成を専門にしています。』
⇒事務所概要・経歴など

サポートご利用についてのお問合せはこちらへ

こちらは行政書士事務所の電話番号です

047-407-0991

受付時間:9時~20時(土日は16時まで)

国民の祝日は、原則として休業日です。

当サイトは「船橋つかだ行政書士事務所」が運営しており、各公正証書の作成について専門行政書士によるサポートを有償で提供しています。

無料相談は行っておりませんので、個別のご相談、説明等をご希望される方は各サポートをご利用ください。

サポートに関するお問合わせ

行政書士事務所内

サポートのご利用に関するご質問又はお申込みを受付けています。

047-407-0991

遺言を除く公正証書作成サポートは、全国からご利用いただけます。

ご利用者さまの声|159名様

子どもの成人までの養育費

子どもの成人までの養育費

子供が成人するまでとても長い期間なので口約束で無く、ちゃんとした証書にしようと思いました。【20代女性・離婚契約】

心の大きな支えに

心の大きな支えに

公正証書は日常からは遠い存在と思っていましたが、離婚後の生活に密着した内容を記載した書類であり、自分と子どもの将来を守るものだと感じています。【30代女性・離婚契約】

行政書士事務所のご案内

サンライズ船橋

船橋つかだ行政書士事務所

船橋駅から4分にあります

千葉県船橋市本町1-26-14-401