公正証書の作成をお考えになられている方へ、専門行政書士による安心の有償サポートをご案内しています。

公正証書をはじめて作成する

離婚、婚姻費用の分担契約、遺言書など

この電話番号は、有償サポートを提供する行政書士事務所につながります。

047-407-0991

受付

9:00~20:00(土日は16時まで)

サポート利用に関するお問合せ

不倫相手と話し合う

自分の夫又は妻が不倫をしていたことがわかり、その問題に対処するときは、配偶者の不倫相手と話し合うことも必要になります。

どのように不倫相手に対応するか、初めてのことで戸惑うことになり、果たして上手く不倫問題を解決できるか心配になるものです。

そうしたことから、自分だけで対応することに心細くなり、不倫相手と話し合う場に不倫をした配偶者を同席させたり、一切の対応を弁護士に任せてしまう方もあります。

一方で、自分一人で淡々と事務的に対応し上手く解決している方も多く見られます。

話し合いで不倫について解決したい

不倫・浮気のトラブルは民事の問題となり、原則として警察がトラブルに関与することはありません。

そのため、トラブルを解決するには、当事者たちで話し合って示談を成立させるか、それができなければ、裁判所を利用することになります

裁判所を利用して解決する方法は、弁護士費用の負担が重く、又、最終的な結論が出るまでに月日がかかることから、当事者は、できれば裁判外で解決したいと考えます。

そうしたとき、当事者同士が会って話し合うことが想定されますが、不倫相手と会うこと自体を苦痛に感じたり、対応に不安を抱く方もあります。

不倫相手への対応(交渉)にお金をかけて弁護士へ一任することもできますが、対応の流れ次第で裁判へと移行する可能性があります。

そのため、まずは自分で直接に接触してみて、相手の反応をうかがう対応がとられることが多く見られます。

トラブルの解決にかかる費用を低く抑えることは、当事者の双方にメリットがあり、不倫相手の側も裁判外での解決を望んでいることは多くあります。

不倫・浮気の問題は、普通には解決のポイントが明確であり、感情的にならない限り、当事者同士で解決することも十分に可能となります。

こちらは行政書士事務所になりますので、裁判をしないで不倫・浮気のトラブルを解決したいと考える方々が不倫 示談書作成サポートをご利用になられます。

そうした方々は、不倫相手が普通の常識的な方であれば、落ち着いて淡々と対応をすすめることで問題を解決しています。

話し合いで解決を図れないケースは、相手に慰謝料の支払い資力が不足している、相手が不誠実な姿勢で調整がすすまない、などの理由が見られます。

話し合いによって不倫の解決を目指す

当事者同士が会って話し合うことで、多額の費用をかけず解決を図っている事例も多くあります。

相手と話し合う方法

トラブルの原因となった事実を確認し、それを踏まえて解決策を決める手続きをとるためには、配偶者の不倫相手に直接に会う対応が基本となります

事実又は意思の確認、要望したい事項などを、面会の場で互いに相手に対し伝えられ、一回の話し合いで多くのやり取りができます。

電話、通信アプリなどを利用して相手とやり取りすることもできますが、面会して話し合うことは解決に向けた進展が期待できます。

面と向かい合うことで真実が語られて、互いの意思が正しく伝わることが期待でき、言葉の不足、行き違いによる誤解が生じることを避けられます。

不倫・浮気の事情によっては当事者が遠隔地に居ることで面会が難しいケースもありますが、そうした事情がなければ、面会による対応がとられることが多くあります。

そうした場合には解決した時に不倫 示談書の取り交わしもできます。

面会の場に自分の配偶者を同席させることが良いか?

不倫相手が自分の知人、職場の同僚であるケースもありますが、ほとんどは会ったことのない未知の相手となります。

そうしたことで、自分一人で不倫相手に会って話し合うことに不安を抱き、不倫をした配偶者を不倫相手と面会する場に同席させようとする方もあります。

不倫した二人がそろうことで事実の確認を効率よくすすめられるという考え方もありますが、その反面、不倫した二人が口裏を合わせて真実を隠したり、他方への影響を考えて一方が真実を述べることがはばかられることも起こります

一般には事実を確認するときは、問題を起こした二人から一緒に聞き出すのではなく、それぞれ別に聞き出して不整合の有無をチェックする対応をとるものです。

不倫の対応において不貞行為の実態、経緯などを確認するときも同様と考えます。

不倫した二人の一方が積極的に不倫をすすめていた場合には、他方は被害を受けたとの意識を持っていますが、そうした経緯を当人を目の前にしては話すことができません。

そうした事情を示談する当事者双方が共有しないと、示談の条件面で折り合いがつけずらくなります。

配偶者を経由して対応すること

たまに見られることなのですが、不倫について示談をすすめるとき、不倫した配偶者を経由して不倫相手とやり取りすることが見られます

自分だけで不倫相手と話し合うことが嫌であると、そうした方法を取ることで対応にかかる精神的負担は大きく軽減されることになります。

しかし、第三者を介して調整するとニュアンス的な部分が正確に伝わらなくなります。

そして何よりも、不倫をした配偶者は対応する問題の原因者であり、その解決の結果に影響を受ける立場にあります

自分の配偶者は形式上は仲介者となっているはずなのに、実質的に交渉相手になってしまっていることも起きます。

仲介者が、自分に都合の良い方向へとコントロールしてしまわないとは限りません。

したがって、配偶者を信頼しないわけではありませんが、そうした利害関係者に示談の仲介を担わすことは普通には適当であると言えません。

一回の話し合いでは決まらないことも

不倫相手と会うとなると、気持ちが構えてしまうことは仕方ありません。

対応にかかる準備(こうなったらどうする、ああなったらどうするということを事前に決めておく)を周到に行うことに多くの時間をさく方も見られます。

一回の話し合いで不倫問題が完全に決着すれば良いですが、あまり急いて無理をしては良い結果を得られないことになります。

不倫相手の側もどのような要求を受けるかを心配し、緊張しているものです。

そうした中で一方的に事をすすめようとしても、相手が話し合いについて来れず、結論が出ないことになります。

そして、強引に決めようとする姿勢を示せば、不倫相手は警戒し、弁護士に対応を依頼することになる可能性すら生まれます。

話し合える相手であると不倫相手から見られなければ、その後に協議は継続しません

初回の面会では不倫相手の様子、意向などを確認し、どのように決着を図るかについて情報を収集する姿勢でも構わないかもしれません。

各サポートのお問合せはこちら

ご利用のお問い合わせは「電話」又は「フォーム」で受け付けています。

ご利用の条件、手続についてご不明点があれば、お気軽にご連絡ください。

なお、公正証書に記載する内容(契約条件、方法など)に関してのご質問は、各サポートにおいて対応させていただいております。

公正証書を作成する手順、準備する書類、公証人手数料の額など説明を求められるお電話をいただきましても、サポートをご利用されていない方へは業務の都合上から対応できませんことをご承知ねがいます。

船橋つかだ行政書士事務所

『家庭関係の契約書の作成を専門にしています。』
⇒事務所概要・経歴など

サポートご利用についてのお問合せはこちらへ

こちらは行政書士事務所の電話番号です

047-407-0991

受付時間:9時~20時(土日は16時まで)

国民の祝日は休業日となります。

当サイトは「船橋つかだ行政書士事務所」が運営しており、公正証書、契約書等の作成について専門行政書士による有償サポートを提供しています。

無料相談は行っておりませんので、個別に公正証書の仕組み、手続きについて説明を受けたい又は相談したい方は、各サポートをご利用ください。

サポート利用のお問合わせ

行政書士事務所内

サポートのご利用に関するご質問又はお申込みを受付けます。

047-407-0991

遺言を除く公正証書作成サポートは、全国からご利用いただけます。

ご利用者さまの声|174名様

子どもの成人までの養育費

子どもの成人までの養育費

子供が成人するまでとても長い期間なので口約束で無く、ちゃんとした証書にしようと思いました。【20代女性・離婚契約】

心の大きな支えに

心の大きな支えに

公正証書は日常からは遠い存在と思っていましたが、離婚後の生活に密着した内容を記載した書類であり、自分と子どもの将来を守るものだと感じています。【30代女性・離婚契約】

行政書士事務所のご案内

サンライズ船橋

船橋つかだ行政書士事務所

船橋駅から4分にあります

千葉県船橋市本町1-26-14-401