公正証書の作成をお考えになられている方へ専門行政書士による安心の有償サポートをご用意しています。

公正証書をはじめて作成する

離婚、内縁解消、婚姻費用、夫婦誓約、遺言書など

この電話番号は行政書士事務所です

047-407-0991

受付

9:00~20:00(土日は16時まで)

サポート利用に関するお問合せ

男女の別れと手切れ金

男女の別れと手切れ金

交際が続いた男女にも、別れの時期が来ることがあります。男女の恋愛は自由であり、また、男女は自由に別れることもできます。

婚約している男女、内縁を含めて婚姻関係にある男女でなければ、一方の意思で関係を解消することで相手へ慰謝料を支払う法律上の義務は原則として生じません。

しかし、男女の交際を解消するときに、どちらか一方(ほとんどは男性側)から他方にお金を支払うことを条件として円満な形をつくることがあります。

こうしたときに支払われるお金は「手切れ金」と言われることがあります。

男女の関係とは?

男女が互いに相手に好意を抱くことはごく自然に起こり、そして交際が始まります。

男女が恋愛すること、交際することは、自由です。

交際している男女が将来に結婚することを誠実に約束すると「婚約」した男女の関係になり、その後に結婚すると「夫婦」となります。

また、法律上の婚姻届出をせずに夫婦として生活する「内縁の夫婦」も存在します。

内縁の夫婦も、配偶者の相続権等を除いて、法律上の夫婦として認められます。

男女の一方又は双方が結婚しているにもかかわらず、ほかの異性と性交渉を持つことを法律上で不貞行為と言い、そうした男女関係を「不貞(不倫)関係」と言います。

不貞関係は公認される男女関係ではありませんが、そうした関係の男女も多く存在し、そうした関係が周囲に発覚することで夫婦が離婚することもあります。

男女の交際関係は長く続くこともあれば、短い期間で解消してしまうこともあります。

そして、交際関係を解消するときに、男女の間にトラブルが起きたり、お金の支払いが行われることもあります。

別れるときの手切れ金

別れるときに男女の話し合いによって金銭の授受が行われることもあります。

男女の関係を解消するとき

婚約又は婚姻していない男女は、自由に異性と交際し、いつでも自由に交際相手と別れることができます。

したがって、二股交際(複数の異性と並行して交際すること)は、モラルとして非難されることがあっても、法律上では問題になりません。

また、交際を続けることが嫌になって相手のことを振っても、相手を悲しませることになりますが、法律上では問題になりません。

その一方で、婚約又は婚姻している男女は、別れるには相手から同意を得ることを求められ、相手側に原因が無いにもかかわらず同意を得ずに一方的に別れることは、法律上で問題を生じる行為となります。

そうした行為によって相手に精神的な苦痛を与えると、損害賠償として慰謝料を支払う義務が法律上で生じます。

また、婚約を一方的に破棄して、それが原因で相手に財産上の損害が生じたら、それを賠償する義務があります。

不倫(不貞)関係にある男女

不倫(不貞行為)は、その事実が既婚者側の配偶者に発覚するか否かにかかわらず、配偶者が平和で穏やかに結婚生活を過ごすことを妨げる行為となります。

不倫が続くと、その事実が配偶者に知られることにならなくとも、夫婦の関係が悪化していくことがあります。

また、不倫が夫婦の間で発覚すると、夫婦仲は明らかに急速に悪化し、関係を修復することが不能となって離婚に至ることも多くあります。

不倫をすることは、配偶者の権利を侵害する法律上の不法行為にあたります。

そのため、不倫関係にある男女の一方が相手方の同意なく関係を解消しても、男女間に慰謝料の支払いは生じないことが普通です。

たとえ、相手に好意を抱いており別れることで精神的に苦痛を受けることになっても、不法行為(不倫)をしている者は慰謝料を受け取れる権利がありません。

なお、男女の一方に不倫の経緯等に特段の違法性が大きくあると認められる場合には、一方的な関係の解消に慰謝料の支払いが例外的に認められる事例もあります。

手切れ金(解決金)の支払い

不倫関係の解消に際して慰謝料の支払いは生じなくても、男女の間に合意があれば、自由(任意)にお金を受け渡しすることはできます。

長い間にわたり不倫関係が続いた場合などには、男女の一方(ほとんどの場合に男性)から相手にお金を支払うことで形のうえで円満に関係を解消することもあります。

その目的は、相手に対し謝意を示すためであったり、不倫関係の事実を配偶者を含む第三者に漏らさないことを約束してもらうことなどになります。

男女の関係を解消する目的で支払われることから「手切れ金」ということがあります。

また、将来にトラブルが起きないように話をつけておく目的で支払われる故に解決金と言われることもあります。

手切れ金は、不倫の慰謝料とは異なり、任意で支払われるために裁判例などによる金額の相場を確認する資料はありません。

それでも、だいたいは数十万円から300万円位の範囲になるようです。

支払う側の収入、関係の続いた期間などを考慮して、双方の話し合いで手切れ金の支払額が定められます。

支払い時における手続き

お金を支払って不倫関係を解消しても、その後に男女の間でお金のことでトラブルが起きることは避けたいものです。

そうしたことから、不倫関係の解消に際して手切れ金を支払うときには、その支払いをもって全ての清算が完了することを確認する示談書を作成することがあります。

不倫の示談書とは異なりますが、示談する当事者の間で精算をすることに変わりなく、男女関係の解消、手切れ金の支払い、守秘義務などを示談書で確認します。

示談書を作成しておくことで、双方の関係は清算されることになり、その後に双方間で金銭請求等が起きることを防ぎます。

なお、既婚者の側は配偶者に見つからないよう示談書を保管しておく必要があります。

『手切れ金を支払って欲しい』とき

既婚者と結婚することを望んで不倫関係を続けてきたものの、相手から結婚できないと明確に告げられて別れる決意をすることがあります。

上記の説明にありますが、不倫関係にある男女が別れるときは、慰謝料の支払いは原則として生じません。

たとえ、相手から一方的に別れたいと言われても、慰謝料請求は認められません。

それでも、結婚する希望をもちながら続けてきた関係を解消するときに、自分の大切な人生をかけてきたことに金銭の補償を得たいと考える方があります。

また、結婚することは当初から考えていなくとも、相手の強い希望から男女関係を続けていたときに相手から別れようと言われると、金銭の支払いを求めたい気持ちになることもあります。

別れる相手から手切れ金を受け取りたいときには、ご本人で相手にお金の支払い意思があるかどうかを確認することになります。

なお、法律上の権利に基づいて請求するものではありませんので、お金の支払いを相手に強要すると問題になります。

話し合いで解決できるよう、ご本人の責任のもと慎重に対応することになります。

手切れ金の請求はサポートしていません

当事務所へ『不倫を解消することになったので、相手に手切れ金を請求して欲しい』というお問合せをいただくこともあります。

一方的に不倫関係を解消されて悔しい思いをお持ちであることはわかります。

しかし、手切れ金は法律上で請求できるものではありませんので、当事務所で請求書を作成することはできません。

手切れ金の請求についてお問合せをいただきましても、対応いたしかねます。

各サポートのお問合せはこちら

ご利用についてのお問合せは「電話」又は「フォーム」で受付けています。

ご利用の条件、手続についてご不明点があれば、お気軽にご連絡ください。

なお、公正証書に記載する内容(契約条件、方法など)に関してのご質問は、各サポートにおいて対応をさせていただいております。

公正証書を作成する手順、準備する書類、公証人手数料の額など説明を求められるお電話をいただきましても、サポートをご利用されていない方へは業務の都合上から対応できませんことをご承知ねがいます。

船橋つかだ行政書士事務所

『家庭関係の契約書の作成を専門にしています。』
⇒事務所概要・経歴など

サポートご利用についてのお問合せはこちらへ

こちらは行政書士事務所の電話番号です

047-407-0991

受付時間:9時~20時(土日は16時まで)

国民の祝日は休業日となります。

当サイトは「船橋つかだ行政書士事務所」が運営しており、各公正証書、契約書等の作成について専門行政書士による有償サポートを提供しています。

無料相談は行っておりませんので、個別に公正証書の仕組み、手続きの説明を受けたり、ご相談を希望される方は、各サポートをご利用ください。

サポート利用のお問合わせ

行政書士事務所内

サポートご利用についてのご質問又はお申込みを受付けます。

047-407-0991

遺言を除く公正証書作成サポートは、全国からご利用いただけます。

ご利用者さまの声|166名様

子どもの成人までの養育費

子どもの成人までの養育費

子供が成人するまでとても長い期間なので口約束で無く、ちゃんとした証書にしようと思いました。【20代女性・離婚契約】

心の大きな支えに

心の大きな支えに

公正証書は日常からは遠い存在と思っていましたが、離婚後の生活に密着した内容を記載した書類であり、自分と子どもの将来を守るものだと感じています。【30代女性・離婚契約】

行政書士事務所のご案内

サンライズ船橋

船橋つかだ行政書士事務所

船橋駅から4分にあります

千葉県船橋市本町1-26-14-401