公正証書の作成をお考えになられている方へ専門行政書士による安心の有償サポートをご用意しています。

公正証書をはじめて作成する

離婚、内縁解消、婚姻費用、夫婦誓約、遺言書など

この電話番号は行政書士事務所です

047-407-0991

受付

9:00~20:00(土日は16時まで)

サポート利用に関するお問合せ

繰り返される不倫・浮気

してはいけないと分かっている不倫・浮気ですが、それが発覚してトラブルが起きて、ようやく収束した後にも、不倫・浮気を繰り返してしまう方が見られます。

そうした方は、異性に対する関心度が高く、日頃から積極的に異性との出会いを求め、出会った異性と親密な関係を持つようになり、そして性交渉するように行動します。

そうした行動をする本人が既婚者であれば、その配偶者は、常に配偶者の不倫・浮気に苦しむことになります。

多く起きている不倫・浮気

人が異性に対し関心を抱くことは動物として自然のことであり、そうした習性が本能に備わっていることで、人間社会では人口が維持又は増加することになります。

ただし、現代の日本社会では法律で婚姻制度が定められており、婚姻をすれば、それが続く間に配偶者以外の異性と性交渉することは認められません。

もし、そうした決まりに違反して配偶者とは別の異性と性交渉をすれば、それは法律上で不貞行為となり、夫婦の間ではトラブルが起きることになります。

そうした不倫・浮気の問題は、周囲の人が気付かないところで多く起きています。

夫婦に起きた不倫・浮気の問題を第三者へ話すことは普通にはありませんので、自分の周囲で起きている他人の不倫・浮気トラブルには気付かないものです。

不倫・浮気のトラブルを解決する方法として裁判を好まない方が多いことも、そうした状況につながることになっています。

自分の配偶者が不倫・浮気をしていることにもまったく気付かないこともあります。

繰り返されることが多くある不倫・浮気

相手を変えて、不倫・浮気が何度も繰り返される事例も見られます。

誰にも起きるリスクがあります

法律、社会道徳は守らなければなりませんが、それでも、人は過ちを犯します。

一度も過ちを犯さない人はおらず、その過ちが不倫・浮気であることもあります。

配偶者以外に魅力的な異性が自分の前に現れると、その異性に好意を抱くことになり、それが発展して理性を抑制できなくなったとき、その男女は性交渉に至ります。

不倫・浮気は甘い感情の動きの中で起きるものであり、後ろめたい気持ちは持っても、その行為が続いているときには理性が抑えられてしまいます。

それでも、そうした過ちをしたことを認識し、速やかに不倫関係を解消し、それ以降は性交渉を繰り返さないことも本人の意思によって可能になります。

また、自分若しくは相手方の配偶者に不倫・浮気の事実が発覚してトラブルが起きたことで、不倫・浮気を止めることもあります。

積極的に不倫・浮気をする人もあります

異性に対する関心は誰にもあるものですが、その関心の程度は、人によって違います。

基本的に若年層ほど、そうした異性への関心は高いものですが、中年、熟年になっても関心が大きく減じない人もあります。

異性への関心度が低い人は不倫・浮気のトラブルの当事者になる可能性が低いですが、その反対に関心度の高い人はトラブルの当事者になる可能性が高いと言えます。

異性に対する関心が高い人は、自ら異性と接触する機会を求めて行動します。

出会い系のアプリを使用して異性との連絡を繰り返し、複数の異性と並行して性交渉を伴う関係を維持している方もあります。

そうしたとき、既婚者である事実を相手に隠して接触し、後で相手に既婚の事実が発覚してトラブルになる事例も少なくありません。

繰り返されてしまう訳

異性に対する関心が高い人は、性交渉(不倫・浮気)を、恋愛ではなく、単なる遊びと認識していることが見受けられます。

そして、配偶者とは別の異性と性交渉をしても、それは本人の貞操観からは問題はない行為であると認識しています。

もちろん、そうした行為が配偶者に見付かれば夫婦の間でトラブルになることは分かっていますので、配偶者への対応として隠れて不倫・浮気を続けます。

でも、配偶者に不倫・浮気が見つかれば、それが遊びであったことを強調します。

そして、配偶者が不倫・浮気をしたことが原因となって精神的に苦痛を被ることを深く理解できず、配偶者の苦しみに共感できません。

本人自身で配偶者に対し済まないことをしたと認識できないのですから、自分の配偶者が不倫・浮気で被る苦痛に共感できないことは仕方ないと言えます。

それでも、不倫・浮気は恋愛ではないので、婚姻生活を続けられるのです。

独身である側も繰り返すことがあります

不倫・浮気をした男女の一方側が独身(未婚)であることは多くあります。

仕事(職場)では日常的に既婚者と交流する機会がありますので、既婚者との接触を繰り返す中で、そうした相手と不倫・浮気の問題を起こすことがあります。

不倫・浮気が相手の配偶者に発覚すると、その配偶者との間で、慰謝料を支払い、又、二度と不倫・浮気をしませんとの示談書(公正証書)を取り交わすことがあります。

そうした示談書を取り交わした後にも、同じ相手と再び不倫・浮気をしてしまったり、違う既婚者と不倫・浮気をしてしまう方もあります。

こうした人は、交際することになる相手が既婚者であっても仕方ないと割り切っていたり、遊びの範囲として既婚者と交際していることがあります。

繰り返されることで起きる結末

夫婦の一方が不倫・浮気を繰り返し、他方がそうした行動に我慢を続けても、いずれは我慢の限界に達することになります。

一般に、妻が不倫・浮気を何度も重ねると、夫は早い時期に離婚を決断します。

しかし、不倫・浮気をしている側が夫であると、直ちに離婚を求める妻もありますが、そうしない妻は多くあります。

夫婦に子どもがあると、妻側は離婚することが子どもの監護養育に支障をきたすことを心配し、しばらくは離婚しないで我慢することが見られます。

幼い子どもが二人、三人もいれば、妻が子どもを監護しながら仕事を続けることは容易ではなく、離婚をしても経済的に苦しくなることが一般的です。

そうしたことから、不倫・浮気をしている夫から離婚したいと切り出さない限り、婚姻生活を続けることになります。

夫は、そのことで妻が婚姻生活に大きな不満を持っていないと安心していても、それが誤りであったことにやがて気付くことになります。

子どもは成長し、いつか自立できる時期がやってきます。そうしたとき、妻は離婚する決断をして、夫に対し離婚を求めることになります。

繰り返し不倫・浮気を続けることは、夫婦の関係を確実にむしばんでいくことになり、最終的に破綻へとつながる可能性の高いことを夫は認識しなければなりません。

有責配偶者となること

夫婦の一方側に不倫・浮気のあったことが原因で離婚になると、通常は、離婚になる原因を作った側は「有責配偶者(ゆうせきはいぐうしゃ)」となります。

有責配偶者は、他方の配偶者に対して離婚の慰謝料を支払うことになります。

離婚の慰謝料は、婚姻期間が長くなるほど、又、離婚の原因が重大であるほど、高額になる傾向にあります。

したがって、不倫・浮気が何度も繰り返されて離婚になるときの慰謝料は、一般に高額になることが見込まれます。

各サポートのお問合せはこちら

ご利用についてのお問合せは「電話」又は「フォーム」で受付けています。

ご利用の条件、手続についてご不明点があれば、お気軽にご連絡ください。

なお、公正証書に記載する内容(契約条件、方法など)に関してのご質問は、各サポートにおいて対応をさせていただいております。

公正証書を作成する手順、準備する書類、公証人手数料の額など説明を求められるお電話をいただきましても、サポートをご利用されていない方へは業務の都合上から対応できませんことをご承知ねがいます。

船橋つかだ行政書士事務所

『家庭関係の契約書の作成を専門にしています。』
⇒事務所概要・経歴など

サポートご利用についてのお問合せはこちらへ

こちらは行政書士事務所の電話番号です

047-407-0991

受付時間:9時~20時(土日は16時まで)

国民の祝日は休業日となります。

当サイトは「船橋つかだ行政書士事務所」が運営しており、各公正証書、契約書等の作成について専門行政書士による有償サポートを提供しています。

無料相談は行っておりませんので、個別に公正証書の仕組み、手続きの説明を受けたり、ご相談を希望される方は、各サポートをご利用ください。

サポート利用のお問合わせ

行政書士事務所内

サポートご利用についてのご質問又はお申込みを受付けます。

047-407-0991

遺言を除く公正証書作成サポートは、全国からご利用いただけます。

ご利用者さまの声|166名様

子どもの成人までの養育費

子どもの成人までの養育費

子供が成人するまでとても長い期間なので口約束で無く、ちゃんとした証書にしようと思いました。【20代女性・離婚契約】

心の大きな支えに

心の大きな支えに

公正証書は日常からは遠い存在と思っていましたが、離婚後の生活に密着した内容を記載した書類であり、自分と子どもの将来を守るものだと感じています。【30代女性・離婚契約】

行政書士事務所のご案内

サンライズ船橋

船橋つかだ行政書士事務所

船橋駅から4分にあります

千葉県船橋市本町1-26-14-401