公正証書の作成をお考えになられている方へ専門行政書士による安心の有償サポートをご用意しています。

公正証書をはじめて作成する

離婚、内縁解消、婚姻費用、夫婦誓約、遺言書など

この電話番号は行政書士事務所です

047-407-0991

受付

9:00~20:00(土日は16時まで)

サポート利用に関するお問合せ

騙されて不倫関係になった

良い人に巡り合えたと思って交際していたら、その交際相手が実は結婚している事実が判明することがあります。

相手から独身であると騙されて交際し、いつの間にか不倫の男女関係になってしまっていたときは、騙された事実を知ったときに交際関係を解消しなければなりません。

そのまま交際を続ければ、将来に交際相手の配偶者から不倫(不貞行為)を理由に慰謝料の請求を受けることもあります。

交際相手に騙されていた

良い人であると信じていた交際相手から自分が騙されていたことに気付いたとき、大変に強くショックを受けます。

その交際期間の長短にかかわらず、自分が結婚の適齢期にあれば、交際相手との結婚を意識するものです。

そして、ごく自然に、自分には結婚を前提として交際している異性がいることを友人、家族などに話すことになります。

それなのに、交際相手は本当は結婚をしており、自分はその相手と不倫関係にあったとうことになりますので、大きく驚き、深く悲しむことになります。

でも、独身であると聞かされていた交際相手が結婚していたということは、残念ながら意外に多く起こっていることです。

騙されていたことに気付いたとき

結婚している交際相手と性交渉をすることは、交際相手の配偶者の権利を侵害することになります。

結婚していることを自分が知らなかったことに落ち度がなければ、自分が交際相手の配偶者の権利を侵害していたことの責任を問われません。

でも、結婚している事実を知った後に交際相手と性交渉をすると、そのことに法律上で責任を問われる立場となります。

もし、交際相手の配偶者から慰謝料の請求を受ければ、それを支払うことから逃れることは難しくなります。

交際相手が結婚していることを知ったら、直ちに交際を止めることが必要です。

慰謝料請求を受けることもあります

交際相手の配偶者は、自分の配偶者が不倫をしていた事実を知ることになっても、その背景に配偶者が異性を騙していた事情のあることまでは分りません。

そのため、配偶者が不倫をしていた事実を知ると、その不倫相手に対し慰謝料請求する流れになることも多く起こります。

そうした慰謝料請求を受けた側は「自分は騙されていた被害者の側であるのに、どうしてこうしたことになるの?」という事態になります。

自分は独身であると騙していた人は、自分の配偶者にも本当のことを話さないこともあるという現実もあります。

交際の経緯がわかる証拠があれば保存しておく

既婚者である交際相手と性交渉をした事実があっても、交際相手から独身と騙されていて、そのことに落ち度がなければ、慰謝料の支払いを回避することができます。

そのため、自分が相手から騙されていたことを証明できる材料となる通信の記録などがあれば、そうした記録をすべて保存しておきます。

そうすることで、交際相手の配偶者から慰謝料請求を受けてしまったときの対応に備えることになります。

また、交際相手が独身であると嘘をついていたことを自ら認めて謝罪する姿勢を示したときは、交際相手が嘘をついていたことを認める書面を取り付けておきます。

故意に騙すこと

既婚者が自分を独身であると嘘をつくことは、現実に多く起きていることですが、そうして嘘をつく側は、程度の違いはあっても、故意に異性を騙そうとしているわけです。

そうした嘘をつく人は、その嘘を、交際相手、自分の配偶者に知られたくありません。

そのため、嘘が見破られないように上手く振舞うことになり、交際相手に自分の住所、勤務先を教えないことが見られます。

また、複数の異性を相手にして不倫をしている人もあります。

そうした中には結婚することまで約束していることもあり、騙された側は、真実を知ったときに悲嘆にくれることになります。

騙されていたことに対する慰謝料

独身であると嘘をつく目的は、異性と性的関係を結ぶことにあります。

交際相手に騙された側は、結婚するとの期待を抱くことで性的関係を結ぶことになり、貞操権を侵害されることになります。

こうした貞操権を侵害する行為は、法律上で不法行為に当たります。

そのため、独身であると騙されて性的関係を結んだ側は、自分を騙した交際相手に対し慰謝料を請求することができます。

ただし、騙す側はそうした事態を想定していることもあり、自分の本当の名前、住所を知らせていないこともあります。

また、はじめから騙そうとした側が、嘘をついたことを反省して誠意ある対応をとることはあまり期待できない面もあります。

このようなことから、現実には慰謝料を受け取れないことが多くあります。

交際相手が慰謝料を支払うことを認めたときは、独身であると偽って交際をしていたことを前提とした慰謝料の支払いにかかる示談書を作成しておきます。

騙されたとわかってからも交際を続けること

たとえ、はじめは交際相手から独身であると騙されていたとしても、そのことに気付いた後にも交際を続ければ、不貞行為をしていることによる法的責任を問われる立場となります。

それでも、交際相手に対する気持ちの整理をつけられず、すぐに不倫関係を解消することのできない方も見られます。

しかし、そうした不倫関係はいずれ終わりを迎えることになり、又、相手の配偶者から高額な慰謝料を請求されて支払いに苦しむこともあります。

騙されていたことがわかったら、その時点で、あるべき選択をすることをお考えいただくのがよろしいように考えます。

各サポートのお問合せはこちら

ご利用についてのお問合せは「電話」又は「フォーム」で受付けています。

ご利用の条件、手続についてご不明点があれば、お気軽にご連絡ください。

なお、公正証書に記載する内容(契約条件、方法など)に関してのご質問は、各サポートにおいて対応をさせていただいております。

公正証書を作成する手順、準備する書類、公証人手数料の額など説明を求められるお電話をいただきましても、サポートをご利用されていない方へは業務の都合上から対応できませんことをご承知ねがいます。

船橋つかだ行政書士事務所

『家庭関係の契約書の作成を専門にしています。』
⇒事務所概要・経歴など

サポートご利用についてのお問合せはこちらへ

こちらは行政書士事務所の電話番号です

047-407-0991

受付時間:9時~20時(土日は16時まで)

国民の祝日は休業日となります。

当サイトは「船橋つかだ行政書士事務所」が運営しており、各公正証書、契約書等の作成について専門行政書士による有償サポートを提供しています。

無料相談は行っておりませんので、個別に公正証書の仕組み、手続きの説明を受けたり、ご相談を希望される方は、各サポートをご利用ください。

サポート利用のお問合わせ

行政書士事務所内

サポートご利用についてのご質問又はお申込みを受付けます。

047-407-0991

遺言を除く公正証書作成サポートは、全国からご利用いただけます。

ご利用者さまの声|166名様

子どもの成人までの養育費

子どもの成人までの養育費

子供が成人するまでとても長い期間なので口約束で無く、ちゃんとした証書にしようと思いました。【20代女性・離婚契約】

心の大きな支えに

心の大きな支えに

公正証書は日常からは遠い存在と思っていましたが、離婚後の生活に密着した内容を記載した書類であり、自分と子どもの将来を守るものだと感じています。【30代女性・離婚契約】

行政書士事務所のご案内

サンライズ船橋

船橋つかだ行政書士事務所

船橋駅から4分にあります

千葉県船橋市本町1-26-14-401