公正証書の作成をお考えになられている方へ、専門行政書士による安心の有償サポートをご案内しています。

公正証書をはじめて作成する

離婚、婚姻費用の分担契約、遺言書など

この電話番号は、有償サポートを提供する行政書士事務所につながります。

047-407-0991

受付

9:00~20:00(土日は16時まで)

サポート利用に関するお問合せ

複数の不倫相手がいる

すでに結婚しているにもかかわらず不倫をすることには強い抵抗感を持つ人もあれば、まったく後ろめたさを感じない人もあります。

後者の人は、社会的常識、規範にとらわれず、異性に高い関心をもっていることから、複数の異性と並行して不倫関係を結んでいることもあります。

そうした人の不倫が見付けられることになったとき、複数の不倫相手が存在していることもあり、そうした場合は不倫相手すべてに対する慰謝料請求も行われます。

不倫相手が複数いる

不倫が行われた相手すべてに対して慰謝料を請求できます。

それぞれに対し慰謝料を請求できます

自分の配偶者が複数の異性を相手にして不倫(不貞行為)をしていた事実が判れば、すべての不倫相手に対し不倫を理由にした慰謝料請求ができます。

それぞれ独立した慰謝料を請求することになりますので、対象となる人数が多くなると請求の総額も相当に大きくなります。

自分だけで調べると請求相手を特定する作業に手間と時間を要することもありますが、不倫をした配偶者が協力する姿勢を示すことになれば容易にわかることになります。

また、探偵社を利用した浮気調査でも、ある程度の期間を対象として調査すると複数の不倫が判明することもあります。

配偶者の不倫相手が特定できれば、電話等による連絡または内容証明郵便などによってそれぞれの者に対し慰謝料を請求する意思を伝えます。

あとは慰謝料を請求した相手からの支払いを待ち、必要に応じて慰謝料の減額、支払い回数の調整を行なう当の対応をすすめて慰謝料を取りまとめます。

もし、支払いを拒む者があれば、訴訟で慰謝料請求することも検討します。

相手は不倫した配偶者に求償できます

慰謝料を支払う義務は、不倫(不貞行為)をした男女二人にあります。

そのため、配偶者の不倫相手だけに対して慰謝料を請求し、その支払いが行われると、不倫相手は、自分の相手(不倫をした配偶者)の負担分(例えば、支払った慰謝料の半分など)を請求(求償)することができます

そうしなければ、男女の一方だけが不倫の責任(慰謝料)を負う結果とになり、男女の間に不公平な状態が生じます。

なお、不倫が判明したことで離婚になる場合、請求者側はそうした求償が起きても構わないと考えることが普通です。

ただし、離婚しない場合、求償しないことを不倫相手に約束させることもあります。

そうしないと、支払いを受けた慰謝料の一部に相当する金額について、自分の配偶者が不倫相手に対し支払い義務を負うことになり、その結果として家庭の資産から支払いが行われることも起こります。

そうした求償が起きることを避けるため、慰謝料を調整する段階で求償しない約束を取り付けることがあるのです。

示談書の作成も検討します

不倫相手に対する対応としては、主に不倫慰謝料の請求がポイントになります。

そして、不倫が判明した後にも結婚生活を続けていくことになれば、配偶者と不倫相手との関係を完全に断っておく必要があります。

そのため、自分の配偶者から二度と不倫をしない旨を約束してもらうほか、それぞれの不倫相手からも不倫関係を解消する旨の約束を得ておかねばなりません

そうした約束は書面にしておくと効果が高くなると考えられますので、慰謝料の支払いとあわせて不倫問題の示談書を作成しておきます。

なお、不倫の再発防止を図るためには公正証書を作成することが良いのではないかと考える方もありますが、公正証書は、お金を支払う契約の履行には効果を望めますが、それ以外の約束については公正証書を作成しても強制力が備わるわけではありません。

したがって、慰謝料の支払いが分割払いになるとき以外に公正証書を作成することは、ほとんど行われません。

不倫相手と話し合う

しばらくは配偶者の動きに注意します

結婚をしていても、異性の友人との付き合いが多い人はあります。

複数の異性と交際していた事実が夫婦の間で明らかになり、そうした異性交際すべてを終わらせることになると、その後における本人の生活はかなり変わります。

本人がそうした生活の変化に慣れるまでには期間を要することになります。

そうした期間の途中で本人に気が緩むことがあれば、それまでと違う相手と不貞行為をしてしまうことがあります。

異性に対する意識、性欲をコントロールすることが難しい人もあります。

配偶者に不倫が見つかっても婚姻生活を続けるときは、いったん不倫の問題が決着して落ち着いた後も、しばらくの間は配偶者の行動に気を配ることも必要になります。

女性の友人が多い夫

婚姻生活を続けるときの不倫していた配偶者への対応

不倫されていた側は、婚姻を続けることを決めても、不倫していた配偶者への不信感を完全に消し去ることは難しいものです。

「また、だれかと不倫するのではないか?」という心配が無くなりません。

そうしたことから、不倫していた配偶者に対し「仕事が終わったら家に帰宅すること」「異性とは会わない」などを強く要望することが見られます。

しかし、そうした要望を配偶者が反省して受け容れたとしても、本人にとっては面白いことでなく、生活がつまらなくなります。

そうした不満のある生活を夫婦の一方が続けていると、夫婦の関係も円満さを欠いてくることになる可能性があります。

せっかく婚姻を続けることにしても、それでは良い結果にならないかもしれません。

失敗を犯した配偶者をあまり責め続けたり、配偶者の行動を制限するような対応には注意が必要になります。

各サポートのお問合せはこちら

ご利用のお問い合わせは「電話」又は「フォーム」で受け付けています。

ご利用の条件、手続についてご不明点があれば、お気軽にご連絡ください。

なお、公正証書に記載する内容(契約条件、方法など)に関してのご質問は、各サポートにおいて対応させていただいております。

公正証書を作成する手順、準備する書類、公証人手数料の額など説明を求められるお電話をいただきましても、サポートをご利用されていない方へは業務の都合上から対応できませんことをご承知ねがいます。

船橋つかだ行政書士事務所

『家庭関係の契約書の作成を専門にしています。』
⇒事務所概要・経歴など

サポートご利用についてのお問合せはこちらへ

こちらは行政書士事務所の電話番号です

047-407-0991

受付時間:9時~20時(土日は16時まで)

国民の祝日は休業日となります。

当サイトは「船橋つかだ行政書士事務所」が運営しており、公正証書、契約書等の作成について専門行政書士による有償サポートを提供しています。

無料相談は行っておりませんので、個別に公正証書の仕組み、手続きについて説明を受けたい又は相談したい方は、各サポートをご利用ください。

サポート利用のお問合わせ

行政書士事務所内

サポートのご利用に関するご質問又はお申込みを受付けます。

047-407-0991

遺言を除く公正証書作成サポートは、全国からご利用いただけます。

ご利用者さまの声|174名様

子どもの成人までの養育費

子どもの成人までの養育費

子供が成人するまでとても長い期間なので口約束で無く、ちゃんとした証書にしようと思いました。【20代女性・離婚契約】

心の大きな支えに

心の大きな支えに

公正証書は日常からは遠い存在と思っていましたが、離婚後の生活に密着した内容を記載した書類であり、自分と子どもの将来を守るものだと感じています。【30代女性・離婚契約】

行政書士事務所のご案内

サンライズ船橋

船橋つかだ行政書士事務所

船橋駅から4分にあります

千葉県船橋市本町1-26-14-401